瞬間が出来たのでゆっくりとリーディングしてみました。

ひとときが出来たのでなんだか本屋に行ってみました。

テレビジョンでも宣伝していた

国から猫が消えたなら

がいち押し商品にあり目線が行きました。
が、その読物の横に

国からわたしが消えたなら

が置いてあり、作戦に取り去りました。
見てみると猫の立場になって書かれている読物でした。

これはおもしろそう!

と見なし維持。

家に帰りテレビジョンも付けず無音状態で
ソファーに腰をかけ本読みのひととき。

読物をよむ時はこういう無音グレードが最高活動できて
良いんですよね(^ ^)

読み始めると何やら楽しく
ひとときを忘れて読み入ってしまいました。笑

献立をざっくり言うと
1パーソン暮らしをしていらっしゃる独身の男性と猫のダイアログ。
毎日平和に暮らしている猫だったが、
ぶらりと『デビル』が表れ、ご恋人がやがて死んで仕舞う事をわかる。
デビルはそういったご恋人にトレードをしようという。
それは、世間から物を一つなくすかわりに寿命を毎日引き伸ばすという物体。
迷いながらもご恋人はトレードに応じて出向く。
段々と産物が消えて赴き、いよいよデビルは世間から猫を消すと言う。
この時ご恋人はどうするのか。

何となくびっくりでよかったですよ。
世の猫陣はこんな風に思ってるのかなとか考えると
笑ってしまいました。笑

オススメですね。

たまにはのんびりしながら本読みも相応しい物体。
心情が休まります。

では(^ ^)http://shibafunekoide.jp/