せっかく心待ちにしていたエウレカセブンの劇場版なのに

先日、交響詩篇エウレカセブンの劇場版の公開が始まりました。
テレビ放送していたアニメ版というのは、いまから約10年くらい前になります。
当時、毎週楽しみにしていたアニメですし、懐かしく思って劇場に足を運んだのですが、一言で言えば感想は微妙でした。
これからもう2作品の続編の公開を控えていて、1作目はストーリーのおさらいなどの意味合いが強いだろうと思っていました。
なので、ある程度内容の目新しさはまだないのかなという予想はしていました。
それでも見に行くのは、新しいカットが追加されたり、新たな設定を確認するためだったりします。
しかし、私のようなアニメのストーリーを知っている人が見ても、ちょっと展開が早すぎるように感じました。
ましてや、原作のアニメは10年も前のものなので、今回初めて交響詩篇エウレカセブンに触れる人や、久しぶりに見る人もいるでしょう。
そういう人たちにとって、決して優しいつくりではないような気がしてしまいました。
この後どうなるのかというのがシリーズを通して大切だと思うのですが、2作目を見に行きたいと思う人がどれくらいいるでしょうか。
私の友だちなんかでも同じような感想の人も少なくないので、先のことが少し心配になってしまいました。